HOME>注目記事>専門家が求められている時代においてチーム医療が最適です

スポーツ障害からの復帰

医者と看護師

通常ケガからの回復をするには、厳しいリハビリをすることになりますが、これをサポートする理学療法士は患者の心が豊かになるようにアドバイスもします。また全国でも有数のスポーツ大国の千葉県にあるリハビリ施設では、専門家の求人があることで働くには国家資格をもっていることが条件となっています。こういったリハビリ施設を利用する人は、スポーツ障害だったりケガからの復帰をする人などがいて、運動プログラムに従ってサポートする人が必要です。それが専門で習ってきた理学療法士や作業療法士だったりするので、広く求人では資格をもっている人を施設では求められているといえます。

明確に伝える

問診

理学療法士だけではなくリハビリテーション科の医師も求人で募集をしていて、千葉県では医療施設の充実を図るように行政でもアプローチしています。転職を考えている医師では働き方を変えたい人もいますし、待遇面を重視してスキルアップをしたい人もいるので、面接ではそれぞれの要望を聞いてくれます。勤務できる曜日や時間を明確にしておくことで伝えやすくなりますし、給与面でもはっきりと伝えたほうがスムーズに採用されます。

キャリアを活かす

整体師

リハビリテーション科での仕事内容を確認して、自分に合っている求人だったのか、また転職してキャリアが活かされるかどうかも基準にします。千葉県のリハビリ施設は高齢者も多くいますので、日常生活に復帰するためのリハビリプログラムは、医師が管理して理学療法士などに伝える作業です。中には訪問診療などの分野でクリニックの求人が載っていることから、患者とのコミュニケーションを重視する人にはとても働きやすい環境といえます。

広告募集中